freeeが一般社団法人「ベンチャー型事業承継」の設立に参画。若手後継ぎ世代の支援を通じてスモールビジネスの活性化を目指す【PR】

  • 2018/6/28

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本記事はfreee株式会社様からのプレスリリースです】

freee は、6月25日に設立された「一般社団法人ベンチャー型事業承継」に顧問として参画したことをお知らせいたします。同法人は官民が連携し、若手後継者の新たな挑戦をサポートするプラットフォームを構築するために設立されました。事業承継の多くは中小企業などのスモールビジネスであり、今後後継者不足が深刻な問題になることから、freeeは同法人に参画することで、日本の競争力を支える「ベンチャー型事業承継」の普及と活性化に尽力してまいります。

logo

今後、日本企業の約3割が後継者不在。「親族内承継」が半数近くを占める事業承継

日本では、今後10年間で70歳(平均引退年齢)を超える中小企業・小規模事業者の経営者は約245万人に上り、うち約半数の127万(日本企業全体の約3割)が後継者未定(注1です。また、事業承継の半数近くが「親族内承継」(注2であり、若手の後継者候補に対するサポートが重要になります。

その中で、ベンチャー型事業承継というワードは、若手後継者が先代から受け継ぐ有形・無形の経営資源をベースに、新たな領域に挑戦することで社会に新たな価値を生み出すことを意味します。

ベンチャー型事業承継については、2017年2月に近畿経済産業局が全国で初めて後継者を主対象にしたベンチャー支援策を開始し、2017年7月には経済産業省・中小企業庁の「事業承継5ヶ年計画」で取り上げられるなど、国レベルで取り組む課題として注目されています。

このたび設立された「一般社団法人ベンチャー型事業承継」は、官民の様々な組織と連携し、若手後継者の挑戦をサポートするプラットフォームを構築することで、日本の競争力の礎ともいえる中小企業の存続力を高めることを目指しています。

同法人の事業目的は、スモールビジネスの生産性向上を掲げるfreeeのミッションと強く重なるため、freeeは顧問として参画することになりました。

「ベンチャー型事業承継」の魅力を若手後継ぎ世代にプロモーション

「一般社団法人ベンチャー型事業承継」では、教育支援、事例プロモーション、個別企業支援などのプログラムが今後予定されていますが、freeeでは、以下の内容を中心にサポートを行います。

社団法人主催イベントの運営サポート

⇒34歳未満の若手後継者候補が家業の経営資源で新規事業を考える「アイデアソン」の運営をfreeeがサポート

freeeオウンドメディア「経営ハッカー」での事業承継特集

⇒月間400万PVを超える「経営ハッカー」にて、「ベンチャー型事業承継」事例や有識者による対談記事を掲載

その他、事業承継カンファレンスの主催や、「事業承継」関連の金融商品の組成なども今後検討してまいります。事業承継の第一歩は「経営状況・経営課題等の把握(見える化)」(注3が挙げられています。freeeは「クラウド会計ソフト freee」の提供を通じて、経営状況の分析レポート機能を提供していますが、若手後継者がスムーズに「見える化」を行えるよう、経営管理機能の更なる強化も今後行ってまいります。

※1:中小企業庁長官 平成30年 年頭所感
※2:2017年版中小企業白書
※3:中小企業庁「事業承継マニュアル」

freee 株式会社について

「スモールビジネスに携わるすべての人が創造的な活動にフォーカスできるよう」をミッションに掲げ、人工知能(AI)技術を使った最先端の機能開発や金融機関との連携により、バックオフィス業務効率化のソリューションを提供しています。

会社概要

会社名  freee 株式会社(登記名:フリー株式会社)
代表者  代表取締役 佐々木大輔
設立   2012 年 7 月 9 日
資本金  96億603万円(資本準備金等含む)
所在地  東京都品川区西五反田2-8-1 ファーストビル9F

提供サービス

「クラウド会計ソフト freee」       https://www.freee.co.jp
「人事労務 freee」                          https://www.freee.co.jp/hr
「マイナンバー管理 freee」        https://www.freee.co.jp/my-number
「会社設立 freee」            https://www.freee.co.jp/launch/
「開業 freee」              https://www.freee.co.jp/kaigyou
「クラウド申告 freee」                    https://www.freee.co.jp/advisor/tax-return/
「freee カード」             https://www.freee.co.jp/card
「freee Developers Community」    https://developer.freee.co.jp/
「経営ハッカー」                 https://keiei.freee.co.jp/
「パラキャリ」                                https://parallelcareer.freee.co.jp/

引用元:freeeが一般社団法人「ベンチャー型事業承継」の設立に参画。若手後継ぎ世代の支援を通じてスモールビジネスの活性化を目指す


会計事務所求人名鑑とは?

”会計事務所求人名鑑”は税理士や税理士試験の科目合格者、税務スタッフなど会計事務所で働く人のためのWEB求人メディアです。
会計事務所の求人情報やニュースを中心に更新していきます。
求人や記事の更新情報は

会計事務所求人名鑑をフォロー
会計事務所求人名鑑 RSS
follow us in feedly のいずれかにて受け取ることができます。

【PR】
会計事務所求人名鑑は

税理士試験ブログランキングに参加中です。

税理士専門の転職サポート

税理士・科目合格者のための転職サポート

おすすめ求人

  1. 会計事務所求人名鑑バナー300300
  2. 汐留パートナーズ税理士法人
  3. ブルドッグウォータ法務・会計事務所
  4. 衣目公認会計士事務所
  5. 税理士法人さくら税務
  6. ASK税理士法人
  7. EY税理士法人

スポンサー企業

会計事務所求人名鑑は以下のスポンサー様にサポート頂いております。

弥生会計

無料で使える請求書・見積書管理サービスmisoca

全自動の会計クラウドフリー お申し込みはこちら!

⇒スポンサー企業一覧

⇒スポンサープランについて

会計事務所のスタッフ教育に!【PR】

会計事務所従業員の育成・研修にクラウド・Eラーニング

注目求人!

  1. 主婦(主夫)の税理士や会計事務所で働く方々の中には、子育て中は短時間しか働けないけど、復帰後…
  2. クリフィックス税理士法人
  3. 中央パートナーズ税理士法人
  4. 藤田耕司 FSGマネジメント株式会社 代表取締役 経営心理士・公認会計士・税理士
    AI(人工知能)に代替される職業の筆頭として公認会計士が挙げられたのは、2015年。そこから間もなく…
  5. IKP税理士法人・公認会計士・細田将秀/Misoca・代表取締役・豊吉隆一郎
    去る2016年2月26日、名古屋にてクラウド請求書サービス「Misoca(ミソカ)」を運営するスター…
  6. 成30年度・第68回 税理士試験 受験申込者数発表
    本年(平成30年度・第68回)の税理士試験の開催もいよいよ来月(8月7日~9日)となりました…

ハローワーク求人情報

ページ上部へ戻る