スモールビジネスに特化したM&Aプラットフォーム「弥生のあんしんM&A」を開始【PR】

【PR:弥生様】

弥生の日本最大級 会計事務所パートナーネットワークと連携し、M&Aを支援

弥生株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岡本 浩一郎)は、スモールビジネス事業者1に特化したマッチングプラットフォーム「弥生のあんしん M&A」を本日開始しましたことをお知らせします。

220830main.png

「弥生のあんしん M&A」は、会社や事業の譲渡希望者(以下、「売手」)と譲受希望者(以下、「 買手」)が、M&Aの相手を探すことのできる登録無料2のマッチングプラットフォームです。大きな特徴は、スモールビジネスに特化している点と、「あんしんエージェント」と呼ぶ弥生PAP会員※3かつM&Aの専門家が、M&Aの支援業務を行う点です。それにより、従来の大手M&Aサービスでは網羅できなかったスモールビジネスの事業承継機会を創出することができ、さらに売手・買手は専門知識が必要なM&Aでも、安心かつスムースに進めることができるようになります。
さらに、売手と買手ともに登録時に厳正な審査を実施している点、あんしんエージェントと独自の価値算定ツールによって適正な譲渡価格が試算できる点、案件情報が匿名で掲載されるため開示情報のコントロールが可能となる点など、事業者と税理士・会計事務所が安心してご利用いただける仕組みを用意しています。

「2025年問題」などから、後継者不足や廃業の増加が大きな問題として懸念されています。弥生は、ビジョンとして掲げる「事業コンシェルジュ」実現の一つとして、2022年6月に後継者問題を解決する「事業承継ナビ」サービスを開始しました。「弥生のあんしんM&A」はその中核に位置づけられ、事業承継における第三者承継の入口ともいえるM&Aプラットフォームを提供してまいります。

事業承継は、事業者を支援する税理士・会計事務所にとっても大きなトピックスです。中小企業白書2017※4によると、後継者決定者の72.9%、後継者未決定者の52.0%が「事業承継の相談先は顧問の税理士・公認会計士」と回答しました。さらに、弊社が弥生PAP会員を対象に実施した調査5では85.9%が「事業承継支援に必要性を感じている」と回答し、事業者だけでなく税理士・会計事務所の関心も非常に高い結果となりました。一方で、同調査によると「第三者承継(M&A)の支援経験がある」弥生PAP会員は36.0%に留まり、世の中のニーズに対して、まだそれほど多くないことがわかりました。そういった現状から、弥生は税理士・会計事務所に対しても、M&A支援ツールの提供や専門セミナーなど、さまざまなM&Aに関する支援を行っていく予定です。
弥生は、事業者と税理士・会計事務所の双方への支援を通じて、事業承継問題の解決を目指します。

※1 小規模企業をはじめとする中小企業を指します。
※2 譲渡希望者(売手)は登録無料です。譲受希望者(買手)は登録無料で、マッチングが成立した段階でサービス利用料として弊社に30万円(税別)をお支払いいただきます。なお、あんしんエージェントとの間で仲介契約/ファイナンシャルアドバイザリー契約などを結ぶ場合は別途費用がかかります。
※3 2000年2月に「IPAP(Intuit Professional Advisor Program)」として発足、2003年に「弥生PAP」に名称変更しました。弥生PAPの詳細については https://www.yayoi-kk.co.jp/pap をご覧ください。
※4 中小企業白書2017「企業経営の継続に関するアンケート調査」
※5 2021年6月 弥生が弥生PAP会員を対象にアンケート調査

「弥生のあんしんM&A」について

「弥生のあんしん M&A」は、業務ソフトシェアNo.1の弥生が提供する中小企業向けM&Aプラットフォームです。会社や事業の売買を希望される事業者が、M&Aの交渉を行うことができる登録無料のマッチングプラットフォームです。特徴は、スモールビジネスに特化している点と、弥生が認定する税理士・会計士(弥生PAP会員)がM&Aの交渉・取引をサポートする点です。なお、登録は無料で、マッチング成立時に買手に対して1件30万円(税別)のサービス利用料が発生します。

詳細: https://anshin-ma.yayoi-kk.co.jp/

サービス利用の流れ(図)

220830sub.jpg

弥生株式会社について
 弥生は、中小企業、個人事業主、起業家の事業を支える社会的基盤(インフラ)として日本の発展に能動的に貢献することを使命としています。そのために、お客さまの事業の立ち上げと、発展の過程で生まれるあらゆるニーズにお応えする「事業コンシェルジュ」を目指して、「弥生シリーズ」や「事業・業務支援サービス」を開発・提供・サポートしています。
 代表的なサービスである「弥生シリーズ」は、クラウド会計ソフト7年連続利用シェアNo.1※6デスクトップアプリで23年連続売上実績No.1※7を獲得しており、登録ユーザー数は250万を超えました。「事業支援サービス」は、起業・開業ナビ※8、資金調達ナビ※9、税理士紹介ナビ※10、事業承継ナビ※11など、業務ソフトウエアの枠を超えたサービスを提供しています。2020年より社外活動として、社会全体のDX推進に取り組む団体※12の立ち上げを主導するなど、事業者の圧倒的な業務効率化の実現に向け活動しています。

※6 2022年5月31日付プレスリリース:7年連続で個人事業主向けクラウド会計ソフトシェアNo.1を獲得
※7 2022年1月17日付プレスリリース:弥生のデスクトップアプリ、23年連続で日本国内販売シェアNo.1を達成
※8 2021年3月31日付プレスリリース:「起業・開業ナビ」サービス開始
※9 2021年10月29日付プレスリリース:「資金調達ナビ」サービス開始
※10 2021年12月13日付プレスリリース: 「税理士紹介ナビ」サービス開始
※11 2022年6月29日付プレスリリース: 「事業承継ナビ」サービス開始
※12 立ち上げた2団体。2020年6月「社会的システム・デジタル化研究会」2020年7月「デジタルインボイス推進協議会」 

お問い合わせ

取材・プレスリリースに関するお問い合わせ窓口をご案内します。
お問い合わせはこちら

引用元:スモールビジネスに特化したM&Aプラットフォーム「弥生のあんしんM&A」を開始|会計ソフトなら弥生株式会社

会計事務所名鑑について

”会計事務所名鑑”は会計事務所や税理士業界を専門とした業界ニュースを配信するWEBメディアです。会計事務所・税理士法人、そこで働く方々に向けた業界情報や研修・セミナー・イベント情報、税理士試験情報などを掲載しています。
記事の更新情報は

会計事務所名鑑をフォロー
会計事務所名鑑 RSS
follow us in feedly
のいずれかにて受け取ることができます。

  1. accounting thumbnail

    【年収800~1,300万円】東証プライム上場のIT系企業が経理グループ…

    2022.09.23

  2. 弥生会計_ロゴ_2020_3月調整_thumb

    「弥生会計」、「弥生販売」が「ITトレンド Good Productバッジ」を…

    2022.09.16

  3. インボイス制度は会計業務や税法の転換点、改正電帳法・インボイス制度への向き合い方で会計事務所も良い方へと変えられる_弥生株式会社_thumbnail_サムネイル

    インボイス制度は会計業務や税法の転換点、改正電帳法・インボイス…

    2022.09.15

  4. freee_新ロゴ_2021.6_new

    クラウド経営管理BPO「ラクフィス」事業譲受のお知らせ:freee【PR】

    2022.09.12

  5. freee_新ロゴ_2021.6_new

    変更登記書類をオンラインで作成できる「freee登記」提供開始 オプ…

    2022.09.08

  6. freee_新ロゴ_2021.6_new

    日本初、軽貨物営業届に対応した「freee許認可」10月上旬提供開始【…

    2022.09.08

  7. freee_新ロゴ_2021.6_new

    freee、JIIMA認証取得のお知らせ 電子帳簿保存法・インボイス制度に…

    2022.09.05

税理士専門の転職サポート

税理士・科目合格者のための転職サポート

スポンサー企業

会計事務所名鑑は以下のスポンサー様にサポート頂いております。

弥生会計



会計事務所の強みになるクラウド会計freee


無料で使える請求書・見積書管理サービスmisoca

⇒スポンサー企業一覧

⇒スポンサープランについて

会計事務所の転職なら_フローティングバナー