【国内初】クラウド会計ソフトと一体型で使える販売管理サービス「freee販売」提供開始 インボイス制度にも対応【PR】

【PR:freee様】

freee_新ロゴnew_2021.6_記事トップ

【国内初】クラウド会計ソフトと一体型で使える販売管理サービス「freee販売」提供開始 インボイス制度にも対応

freee販売のロゴ

freee株式会社(以下freee)は、販売管理サービス「freee販売」の提供を開始しました。
freee会計・freee人事労務を中心にバックオフィス業務の効率化を実現してまいりましたが、新たに販売管理領域に参入し、案件の見積り、請求書の発行や回収といったフロントオフィス業務の効率化を実現してまいります。
来年10月から始まるインボイス制度の適格請求書フォーマットにも対応しており、最新の制度に対応した請求書の発行が可能です。
クラウド会計ソフトと一体型で使える販売管理サービスの提供は国内初(※)です。
※freee調べ

統合型経営プラットフォーム実現に向けて新たに「販売管理」領域へ参入

freeeが掲げるビジョン「だれもが自由に経営できる統合型経営プラットフォーム。」の実現に向けて、これまでスモールビジネスの課題解決・ビジネス拡大に必要なさまざまな領域へ積極的に参入してきました。freee会計・freee人事労務を中心にあらゆる業務とデータがつながることで、自動化・可視化に加えてスマートで適切な経営アクションが可能となりました。今回、「販売管理」領域に参入することでバックオフィス業務のみならず、現場業務の効率化と収益性・収益機会を可視化してまいります。「販売管理」領域へ新規参入 新しい価値の提供へ

販売管理とは

販売管理とは、取引先(顧客と仕入先)とのやり取りで「お金」と「モノ・サービス」の流れを管理する事です。具体的には、「何を・誰に・いつ・どこで・いくつ・いくらで」販売したのか、また請求や代金の回収は済んでいるのかなどを管理します。問い合わせから請求まで、一連の流れの合間に、記録や見積書・請求書の作成をする作業を指します。「販売管理」とは 取引先から発注を請け負った際に案件の登録から納品後の請求書発行までを管理

販売管理を紙・Excelで行っている小規模事業者は約76%。従来の販売管理における課題

販売管理を紙・Excelで行っている小規模事業者は約76%(※)います。販売管理ソフトを導入している場合も、発注管理・受注管理・案件管理…などそれぞれ単体のツールを利用している方が多く、情報が分断されてしまい煩雑な作業工数が発生します。
従来の販売管理業務には大きく3つの課題が挙げられます。1つ目は、「入力・転記作業の負担」です。紙・Excelへの細かい入力やツールの分断による繰り返される入力など手間が発生します。2つ目は、「請求漏れ・支払い漏れ」です。小規模事業者の場合、専任の経理担当が不在で経営者もしくは現場担当者が請求書の作成などを行うことが多く、事務作業を後回しにしてしまい結果漏れてしまうことが発生します。3つ目は、「収支実績や粗利率が分からない」です。受注した案件を納品してから人権コストや仕入価格を整理し原価を洗い出してみると実は赤字で請け負っていたケース等もあります。
※freee調べ販売管理業務における3つの課題

「freee販売」3つの特徴

スモールビジネスにおける従来の「販売管理」の課題を解決すべくfreee販売を開発しました。

【特徴1】転記作業不要!入金・支払い期日も自動で管理

従来の販売管理は複数のExcelやツールで管理することで転記する作業が手間になり、管理が疎かになります。freee販売は最低限の入力のみで転記作業が一切不要。見積書や請求書を作成することで自動で入金・支払いの期日を管理画面上で表示します。

【特徴2】関数・グラフ作成不要!自動で売上・利益を可視化

入力したデータから損益データを自動収集し見やすいグラフを生成します。複雑な関数やグラフ作成を行わなくても、案件単位で損益を把握することが可能です。

【特徴3】freee会計とデータ連携

会計仕訳の登録や、請求・入金状況の確認をリアルタイムで行うことが可能です。freee会計・freee販売それぞれの管理画面から1クリックで遷移することが可能なので、案件毎に遡りたい情報にすぐに行きつくことができます。freee会計とデータ連携

Excelで書類作成した場合年間480時間の工数が発生するのに対して、freee販売を利用した場合年間384時間の工数削減が可能(※)となります。
※freeeが行ったExcelで書類作成をした場合とfreee販売を利用した場合の工数比較調査より80%時間削減

インボイス制度にも対応。適格請求書の発行が可能

来年10月から始まるインボイス制度に向けて対応が必要となった「税率ごとの消費税額及び適用税率」及び「適格請求書発行事業者の登録番号」の項目にも対応しています。

リリースキャンペーン「1年目はユーザー追加が何名でも無料」

・月額基本料金980円+ID料金月額200円
サービスリリースを記念して、1人あたりのID料金(通常200円/月)が2023年4月末までに年間プランご契約の場合、1年間無料でご利用いただけます。何名でも無料なので、従業員数が多い事業者様にお得なキャンペーンです。基本料金980円/月 + 月額ID料金無料

freee販売今後の展開

今後も、有形商材の事業者様向けに在庫管理機能の追加、見やすさ使いやすさを重視したわかりやすいグラフ表示、稟議承認機能など、販売管理に必要な機能をスピーディーに開発してまいります。
freee販売を通じて、誰でもかんたんに効率的な業務フローを組むことができ、“業務をしていたら自然と経営状況が可視化された”という体験をあらゆる業種の皆様に体感していただき、収益向上に必要な経営判断までをサポートしていきます。開発予定の機能 在庫管理機能の追加、わかりやすいグラフ表示、稟議承認機能の追加

本件に関するお問い合わせ先

freee 株式会社 広報 (PR) 土島あずさ
E-mail: pr@freee.co.jp

会計事務所の強みになるクラウド会計ソフトfreee

freee_新ロゴnew_2021.6_記事トップ

freeeを活用する会計事務所が増えているのには理由があります

スモールビジネスと向き合い、唯一無二の強みを一緒に作りませんか?無料のオンライン説明会実施中。
まずは気軽にご参加ください。

オンライン説明会のお申し込みはこちら

引用元:【国内初】クラウド会計ソフトと一体型で使える販売管理サービス「freee販売」提供開始 インボイス制度にも対応 | プレスリリース | corp.freee.co.jp

会計事務所名鑑について

”会計事務所名鑑”は会計事務所や税理士業界を専門とした業界ニュースを配信するWEBメディアです。会計事務所・税理士法人、そこで働く方々に向けた業界情報や研修・セミナー・イベント情報、税理士試験情報などを掲載しています。
記事の更新情報は

会計事務所名鑑をフォロー
会計事務所名鑑 RSS
follow us in feedly
のいずれかにて受け取ることができます。

  1. 弥生会計_ロゴ_2020_3月調整_thumb

    会計ソフト「弥生会計」と暗号資産の損益計算サービス「Gtax」連携…

    2022.11.28

  2. 新たな経営体制での事業報告、やよいの給与明細オンラインリニューアル、インボイス・電帳法改正への取り組みなど:弥生事業概況説明会・2022年秋_代表取締役社長_岡本浩一郎 氏

    新たな経営体制での事業報告、やよいの給与明細オンラインリニュー…

    2022.11.25

  3. 弥生会計_ロゴ_2020_3月調整_thumb

    アメリカン・エキスプレスと弥生が経費精算分野で提携【PR】

    2022.11.25

  4. 弥生会計_ロゴ_2020_3月調整_thumb

    「起業家応援キャンペーン」対象製品にやよいの給与明細 オンライン…

    2022.11.18

  5. 弥生会計_ロゴ_2020_3月調整_thumb

    「やよいの給与明細 オンライン」大幅リニューアル版をリリース【PR…

    2022.11.17

  6. 株式会社弥生_記帳代行支援サービス_様々な記帳ツールをとことん比較した結果、選んだのは弥生の記帳代行支援サービス_西山税理士事務所_西山優一郎氏_サムネイル_thumbnail

    様々な記帳ツールをとことん比較した結果、選んだのは弥生の記帳代…

    2022.11.11

  7. freee_新ロゴ_2021.6_new

    【国内初】クラウド会計ソフトと一体型で使える販売管理サービス「f…

    2022.11.02

税理士専門の転職サポート

税理士・科目合格者のための転職サポート

スポンサー企業

会計事務所名鑑は以下のスポンサー様にサポート頂いております。

弥生会計



会計事務所の強みになるクラウド会計freee


無料で使える請求書・見積書管理サービスmisoca

⇒スポンサー企業一覧

⇒スポンサープランについて

会計事務所の転職なら_フローティングバナー