医療費控除のチェック体制:元国税調査官・税理士 松嶋洋が語る!税務署の実態と税務調査対策ノウハウ

元国税調査官・税理士 松嶋洋が語る_税務署の実態と税務対策ノウハウ

平成29年度税制改正において、医療費控除の適用を受ける際、 医療費の領収書の提示に代えて、支出した医療費の明細書を提示することになるという改正が実現しました。

もちろん、明細書を添付するだけでは、いくらでもごまかしが利きますので、申告期限から5年間、国税は領収書の提示を納税者に求めることができるとされています。

この改正ですが、電子申告で医療費控除を受ける場合には、現状でも明細書だけで問題ないとされていますので、この措置にならって、納税者の手間を削減するというのが趣旨と思われます。

これだけ聞くと納税者有利と思えますが、現状領収書を添付されても、国税のマンパワーとして十分なチェックはできません。

このため、確定申告があった段階では問題とせず、後日、申告書を見直して税務調査先を選ぶ際に、問題がありそうな医療費控除申告者をピックアップして重点的に調査するという方針が取られています。

となると、医療費の領収書をつけてもらうより、後日国税の必要に応じて領収書を提出される方が処理はやりやすいという本音が国税にはあります。その結果として、後日内容を確認するため領収書を保存しておきなさい、としたと考えられます。

ところで、現状電子申告で医療費控除をした場合、後日その領収書をチェックされる可能性が大きい納税者は、税に詳しい税理士か税務職員の申告であると耳にしました。

税理士は別にして、本来悪質な節税を取り締まる税務職員の医療費控除の申告を重点的にチェックするというのは、多少違和感があります。

税務職員は税法の知識は乏しいものの、医療費控除について国税はろくにチェックをしないし、かつチェックされても医療費控除はあまり金額が大きくならないため十分な調査がなされない
こんな税務署の実務を十分に知っているため、ずる賢いことを考えることが多くあります。

このような姑息な節税?を利用させないよう、重点的に身内をチェックするという、情けない実務が行われているようです。

このような実務を背景にしても、税務調査などで調査官から言われる正義感など、当の調査官はどうてもいいと考えているのがよく分かります。

脱税などあからさまな不正取引や明確な税法の解釈の誤りがある場合は別にして、調査官も言ってしまえばこの程度なのですから、気を遣わずにどんどん強気に交渉して差し支えないと言えます。

なお、この医療費控除の改正は、平成29年分の所得税の確定申告を平成30年1月1日以後に提出する場合について適用されます。

しかし、その特例として、 平成29年分~平成31年分の申告については、従来通り領収書を添付して医療費控除の適用を受けることができるとされています。

国税が、十分なチェックができない医療費控除の実務を悪用する姑息な国税職員も多いわけですから、深度ある調査がなされる可能性が大きい改正後の取扱いを適用するのではなく、現状の
医療費控除の領収書を提示する
という取扱いはなるべく利用した方がいいと個人的には考えています。

となれば、手間がかかるものの、平成31年分までは、従来通り
領収書を添付して医療費控除を受ける
というやり方が望ましいのではないかと考えています。

「元国税調査官・税理士 松嶋洋が語る!税務署の実態と税務調査対策ノウハウ」の一覧はこちら

税務調査対策ノウハウを無料で公開中!

元国税調査官・税理士 松嶋洋による税務調査対策に効果的なノウハウをまとめたPDFを無料で公開中!ご興味のある方は下記サイトよりダウンロードください。

ダウンロードページを見る

著者

元国税調査官・税理士・松嶋洋


元国税調査官・税理士 松嶋 洋

平成14年東京大学卒業後、国民生活金融公庫(現日本政策金融公庫)、東京国税局、企業税制研究所(現日本税制研究所)を経て、平成23年9月に独立。

現在は通常の顧問業務の他、税務調査対策等のコンサルティング並びにセミナー及び執筆も主な業務として活動。とりわけ、平成10年以後の法人税制抜本改革を担当した元主税局課長補佐に師事した法令解釈をフル回転させるとともに、当局の経験を活かして予測される実務対応まで踏み込んで解説した、税制改正解説テキスト「超速」シリーズは毎年数百名の税理士が購入し、非常に高い支持を得ている。

著書に『最新リース税制』(共著)、『国際的二重課税排除の制度と実務』(共著)、『税務署の裏側』『社長、その領収書は経費で落とせます!』などがあり、現在納税通信において「税務調査の真実と調査官の本音」という200回を超えるコラムを連載中。

<参考サイト>

<著書>

※このコーナーでは元国税調査官・税理士 松嶋洋が税理士法人東京税経センターのメルマガに掲載したコンテンツを編集・再掲したものをお届けしています。今回は、第二百一回目のメルマガ、テーマは「医療費控除のチェック体制」です。
引用元: 医療費控除のチェック体制| 税理士法人 東京税経センター

会計事務所求人名鑑について

”会計事務所求人名鑑”は税理士や税理士試験の科目合格者、税務スタッフなど会計事務所で働く人のためのWEB求人メディアです。
会計事務所の求人情報やニュースを中心に更新していきます。
求人や記事の更新情報は

会計事務所求人名鑑をフォロー
会計事務所求人名鑑 RSS
follow us in feedly
のいずれかにて受け取ることができます。

【PR】
会計事務所求人名鑑は

税理士試験ブログランキングに参加中です。

  1. クラウド会計ソフトfreee_ロゴ_thumb_調整後_new

    会計freee、Android/iOSアプリ カレンダー上の住所から交通費を自動…

    2020.07.02

  2. クラウド会計ソフトfreee_ロゴ_thumb_調整後_new

    freeeアドバイザー制度のリニューアルについて【PR】

    2020.07.01

  3. クラウド会計ソフトfreee_ロゴ_thumb_調整後_new

    株式会社ビットキー 「会計freee」「人事労務freee」を採用【PR】

    2020.07.01

  4. クラウド会計ソフトfreee_ロゴ_thumb_調整後_new

    前受/前払入力アプリをアップデート ~レポート機能を新たにリリー…

    2020.07.01

  5. 転職セミナー(個人相談)用

    【開催中!】会計事務所経験者のための一般企業・経理職への転職セ…

    2020.07.01

  6. 転職セミナー(個人相談)用

    【開催中!】20代・30代税理士や官報合格者のための転職・キャリア…

    2020.07.01

  7. 転職セミナー(個人相談)用

    【開催中!】会計事務所出身者や税理士科目合格者のための初めての…

    2020.07.01

税理士専門の転職サポート

税理士・科目合格者のための転職サポート

スポンサー企業

会計事務所求人名鑑は以下のスポンサー様にサポート頂いております。

弥生会計

アルトア株式会社

全自動の会計クラウドフリー お申し込みはこちら!

無料で使える請求書・見積書管理サービスmisoca

⇒スポンサー企業一覧

⇒スポンサープランについて

会計事務所のスタッフ教育に!【PR】

会計事務所従業員の育成・研修にクラウド・Eラーニング

会計事務所の転職なら_フローティングバナー