未経験者が会計事務所に就職・転職するには?年齢、資格など就職を有利にする5つのポイントを解説!

一般的にどの業界においても未経験者の転職は簡単ではありません。

それでは、会計事務所業界ではどうなのでしょうか?

この記事では、未経験者が会計事務所に就職・転職するにはどのようにしたら良いのか、年齢、資格など就職をを有利にするための5つのポイントを解説します。

1:年齢

年齢は若いほうが有利です。特に他業界や他職種から会計事務所業界に転職する場合は、なるべく若い年齢で活動するようにしましょう。

一般的には20代が有利、30代は中盤になるとかなり不利になってきます。未経験での転職を検討する場合は20代がお勧めです。

2:資格

会計事務所では、資格と実務経験の両方でキャリアが評価されます。未経験者の場合は、経験がありませんので、少なくとも資格面では評価されるようにしておきましょう。

最低でも日商簿記2級を取得すること、できれば、税理士試験科目1~2科目を取得しておくことが望ましいと言えます。

税理士試験科目に関しては、一般的には取得しやすい「簿記論」「財務諸表論」を取得して就職活動を行う人が多い傾向にあります。

3:経験

会計事務所での実務経験がない未経験者でも、一般企業での経理経験や金融機関(銀行や信用金庫)での経験などがあると評価される傾向があります。

一般企業での経理職の場合は税務申告書の作成経験があるとベターですが、それがなくても月次決算や年次決算など決算経験があると評価されやすくなります。

銀行や信用金庫出身者などの場合は、融資営業などで営業と財務諸表分析の経験があると良いです。

また、資産税・相続税に強い会計事務所の場合は、証券会社や信託銀行での富裕層向け営業の経験が評価されることもあります。

4:応募方法

未経験者の採用に関する合否は応募方法によっても異なってきます。ハローワークやホームページからの直接応募など採用に費用のかからないルートで応募するほうが有利です。

人材紹介会社(転職エージェント)経由の採用では、採用する会計事務所側に高いコストがかかりますので、未経験者は採用されにくい傾向があります。

5:求人の選び方

未経験者の場合、 どういった会計事務所の求人に応募するかも合否に大きく影響します。

20代など若手の未経験者の場合は、大手会計事務所の夏の定期採用など未経験者を複数名採用する求人に応募するのが有利ですが、年齢が上がるに連れて大手会計事務所では採用されにくくなるため、小規模や中規模の大手以外の会計事務所に応募するほうが採用される可能性が高くなる傾向があります。自分の年齢も意識しながら応募する会計事務所選びをすることが重要です。

以上が未経験者が会計事務所に就職・転職するための5つのポイントです。

上記を参考の上、会計事務所への就職活動にチャレンジしてみてください。

未経験者も応募可能な会計事務所の求人を見る


会計事務所求人名鑑とは?

”会計事務所求人名鑑”は税理士や税理士試験の科目合格者、税務スタッフなど会計事務所で働く人のためのWEB求人メディアです。
会計事務所の求人情報やニュースを中心に更新していきます。
求人や記事の更新情報は

会計事務所求人名鑑をフォロー
会計事務所求人名鑑 RSS
follow us in feedly
のいずれかにて受け取ることができます。

【PR】
会計事務所求人名鑑は

税理士試験ブログランキングに参加中です。

税理士専門の転職サポート

税理士・科目合格者のための転職サポート

おすすめ求人

  1. 税理士法人平成会計社
  2. 金谷公認会計士事務所
  3. クリフィックス税理士法人
  4. 税理士法人チェスター
  5. 税理士法人さくら税務
  6. ASK税理士法人
  7. 税理士法人東京税経センター

スポンサー企業

会計事務所求人名鑑は以下のスポンサー様にサポート頂いております。

弥生会計

無料で使える請求書・見積書管理サービスmisoca

全自動の会計クラウドフリー お申し込みはこちら!

MacでもWindowsでも使える中小企業向け会計クラウド

⇒スポンサー企業一覧

⇒スポンサープランについて

注目求人!

  1. クリフィックス税理士法人
  2. 税理士法人さくら税務
  3. 税理士法人ミライト・パートナーズ【東京】
  4. 中央パートナーズ税理士法人
  5. 税理士法人鶴田会計
  6. 会計事務所求人名鑑バナー300300
ページ上部へ戻る