会計事務所の求人はどのように探せばよいのか?

税理士を目指している人や税務の仕事に興味のある人の中には会計事務所で働くことを考える人も少なくないでしょう。

また、会計事務所で働いている人の中にも転職を検討される人はおられると思います。

では、会計事務所の求人はどのように探したらいいのでしょうか?

ここでは会計事務所の求人を見つける7つの方法を解説します。

会計事務所の求人を見つける7つの方法とは?

会計事務所の求人の探し方は様々ですが、主に下記の7つが挙げられます。

  1. 求人サイトで会計事務所の求人を探す
  2. 専門学校で会計事務所の求人を探す
  3. 求人情報誌で会計事務所の求人を探す
  4. 就職・転職イベントで会計事務所の求人を探す
  5. 人材紹介会社(転職エージェント)で会計事務所の求人を探す
  6. ハローワークで会計事務所の求人を探す
  7. 友人経由で会計事務所の求人を探す

今回、このそれぞれについて解説していきます。

1:求人サイトで会計事務所の求人を探す

会計事務所の求人を求人サイトから探す場合は、会計事務所業界専門の求人サイトで探すのがお勧めです。

リクナビNEXTなどの一般の求人サイトでも会計事務所の求人は見つかりますが、一般の求人サイトでは、掲載されている会計事務所の求人数が多くないのと、会計事務所の求人が常に掲載されているわけでもないため、求人があってもなかなか見つけにくい傾向にあります。

そのため、会計事務所専門の求人サイトを利用することが効率的であり、お勧めと言えます。

2:専門学校で会計事務所の求人を探す

会計事務所の求人は専門学校の掲示板でもみつけることができます。

TACや大原簿記といった会計系の専門学校には、掲示板があり、会計事務所からの求人情報が掲載されています。

それらは、税理士試験の受験生を対象としたものが中心であるため、専門学校に通学中の人達にとってはマッチ度が高い求人がみつかりやすい傾向があります。ただし、掲示板に紙で掲示されるというアナログな方法ですので、新しい求人が掲載されているかどうかは、自ら定期的にチェックする必要があります。

3:求人情報誌で会計事務所の求人を探す

最近は世間ではあまり見かけなくなってしまった求人情報誌ですが、会計事務所業界では、毎年、夏と冬に定期的に求人情報誌が発行されています。

これは、8月の税理士試験と12月のその合格発表の時期に発行されるもので、TACや大原簿記専門学校などによって発行されています。

この就職情報誌は期間限定であるため(だいたい、発行から1ヶ月~1ヶ月半の間に募集が終了するイメージです)、短期間に応募者が集中し、競争率も高くなる傾向にありますが、多数の求人を写真入りでみつけることができ、様々な会計事務所を比較することもできるのでお勧めです。

4:就職・転職イベントで会計事務所の求人を探す

会計事務所業界では、年に2回、就職イベントが開催されています。

これは、TACや大原簿記専門学校によって主催されるものであり、東京、大阪、名古屋を初めとした全国主要都市で開催されます。この就職イベントには、多数の会計事務所がブースを出展し、採用活動を行います。(東京のイベントは最も規模が大きく、数十の会計事務所が出展します。)

この就職イベントの場合は、一度に多数の会計事務所と面談を行うことができ、また、直接会って話を聞くことができるため非常に効率が良い傾向にあります。

ただし、自分が勤務している会計事務所が出展している場合は参加しにくかったり、また、大手会計事務所中心の出展であるため、選考ハードルが高い会計事務所も比較的多いといったデメリットもあります。

5:人材紹介会社(転職エージェント)で会計事務所の求人を探す

会計事務所の求人は人材紹介会社でもみつけることができます。

ただし、人材紹介会社が取り扱っている会計事務所の求人は多くはありません。なぜなら、人材紹介会社から人材を採用する際には高い報酬(一般的に年収の30%程度)を支払う必要があるため、人材紹介会社に求人を依頼する会計事務所があまりないからです。

一般的にはBIG4や中堅~準大手の税理士法人などごく一部の会計事務所が人材紹介会社を利用して採用活動を行なっています。また、採用時に高い手数料がかかることから、会計事務所もなるべく人材紹介会社以外のルートから人材を採用したいと考える傾向にもあります。

そのため、人材紹介会社からの応募は求人サイトやホームページからの直接応募より不利になる可能性もあり、注意が必要です。

一方、人材紹介会社はアドバイザーが応募事務所の内情や選考のポイントを教えてくれるメリットもあります。

ただし、これもアドバイザーのレベルによるので会計事務所業界に精通したアドバイザーかどうかしっかりと見極めて意見を聞くことが重要です。

6:ハローワークで会計事務所の求人を探す

ハローワークに行くと会計事務所の求人は実は意外とたくさん見つかります。

ただし、ハローワークを利用して採用活動を行なっている会計事務所は、昔ながらの会計事務所や所長が高齢の会計事務所など、小規模、零細会計事務所が多く、優良な会計事務所や若手所長が経営する会計事務所、成長中の会計事務所などの求人はあまり見られません。

また、ハローワークは無料で人材の募集が行えることから、採用活動にコストをかけることを避ける会計事務所の求人も少なくありません。人材を募集している会計事務所が零細会計事務所なのかそうでないのかを見極める必要があるでしょう。

7:友人経由で会計事務所の求人を探す

会計事務所業界は狭い業界であり、専門学校でのつながりなど友人経由で求人が見つかることもあります。

そのため、転職・就職を考えるときには、これまでに知り合った友人や知人にひと声かけてみるのもオススメです。意外と友人経由での求人が見つかるかもしれません。

この友人経由での転職に関しては、友人が働いていることから内情がわかるなど、入所前にいろいろと情報が得られる点がメリットです。

ただし、友人の紹介で入所することから、入所後に紹介してくれた友人の顔をつぶさないようにしっかりとパフォーマンスを出して仕事をする必要があります。

 

以上、会計事務所の求人をみつけるための7つの方法でした。

上記の内容を参考に理想の会計事務所を見つけられるように頑張ってください!


会計事務所求人名鑑とは?

”会計事務所求人名鑑”は税理士や税理士試験の科目合格者、税務スタッフなど会計事務所で働く人のためのWEB求人メディアです。
会計事務所の求人情報やニュースを中心に更新していきます。
求人や記事の更新情報は

会計事務所求人名鑑をフォロー
会計事務所求人名鑑 RSS
follow us in feedly
のいずれかにて受け取ることができます。

【PR】
会計事務所求人名鑑は

税理士試験ブログランキングに参加中です。

税理士専門の転職サポート

税理士・科目合格者のための転職サポート

おすすめ求人

  1. 衣目公認会計士事務所
  2. ベトナムの会計事務所AGS
  3. 竺川税理士事務所
  4. IKP税理士法人・公認会計士・細田将秀/Misoca・代表取締役・豊吉隆一郎
    去る2016年2月26日、名古屋にてクラウド請求書サービス「Misoca(ミソカ)」を運営するスター…
  5. 汐留パートナーズ税理士法人
  6. クリフィックス税理士法人
  7. EY税理士法人

スポンサー企業

会計事務所求人名鑑は以下のスポンサー様にサポート頂いております。

弥生会計

無料で使える請求書・見積書管理サービスmisoca

全自動の会計クラウドフリー お申し込みはこちら!

MacでもWindowsでも使える中小企業向け会計クラウド

⇒スポンサー企業一覧

⇒スポンサープランについて

注目求人!

  1. ブルドッグウォータ法務・会計事務所
  2. 税理士法人さくら税務
  3. 税理士法人倉持会計
  4. ASK税理士法人
  5. 税理士法人平成会計社
  6. 大山税理士事務所350_250
ページ上部へ戻る