固定資産税軽減申告期限は1月末、 民泊用建物の消費税取扱い、税務署に相談した事案に重加算税など3件:元国税調査官・税法研究者 松嶋洋が語る 税法解釈と税務調査の真実

元国税調査官・税法研究者 松嶋洋が語る_税法解釈と税務調査の真実

このコーナーでは、元国税調査官・税法研究者・税理士である松嶋洋氏のFacebookでのコメントをご紹介していきます。

今回は1月7日、13日、22日のコメント「固定資産税軽減申告期限は1月末」「民泊用建物の消費税取扱い」「税務署に相談した事案に重加算税」の3件をご紹介します。

固定資産税軽減申告期限は1月末

新型コロナウィルスの影響で事業収入が一定以上減少している中小企業者は、固定資産税と都市計画税の軽減措置を受けることができます。この措置の申告期限は1月末となっています。

国税速報第6638号(2020年12月21日)では、固定資産税等の減免措置を受けるためには、認定支援機関等で確認を受けた書類を添えて、市町村の固定資産税の窓口に申告する必要があり、申告期限は1月31日までと伝えられています。

これに対してFacebookで、松嶋先生は、税理士も認定支援機関等になるので、適宜クライアントをサポートすることが必要とコメントしています。

何かと忙しい時期ですが、事業収入が悪化している関与先について、申告漏れのないようご留意ください。

民泊用建物の消費税取扱い

令和2年10月1日以後から、居住用賃貸建物の課税仕入れ等の税額について、消費税法等の一部が改正がされています。民泊の軒数が徐々に増えていますが、民泊用建物も居住用賃貸建物に該当することになります。民泊用建物はどのような取扱いになっているのでしょうか。

税務通信 No.3637(2021年1月11日)によると、民泊サービス事業のために取得した建物は、仕入れ等をした課税期間から3年目の課税期間に調整控除できると伝えられています。

これに対してFacebookで、松嶋先生は、民泊の売り上げは小さいけど調整忘れしないようにと、注意喚起しています。

民泊による収入が少額で、税理士に頼まず自分で確定申告されている方もおられると思いますが、民泊事業を行っている方は調整忘れのないようにご留意ください。

税務署に相談した事案に重加算税

改ざんや隠匿など悪質な行為が行われた場合に重加算税が賦課されるのは仕方ありませんが、次のように納税者が誠実に対応したと思われる事例で重加算税が課税されたことで、問題になっています。

T&Amaster No.866(2021年1月18日号)によると、申告前に所轄税務署に相談に行き、自分で判断してやっていいと回答を受けて申告したにもかかわらず重加算税の賦課決定処分が行わたため、重加算税の処分は行き過ぎだと控訴していると伝えられています。

これに対してFacebookで、松嶋先生は、国税は一切信用せず、自己責任で法解釈をする必要があると、国税の対応に苦言を呈しています。


税の相談窓口であるはずの税務署のこのような対応は、残念としか言いようがありません。リスクが高い論点がある申告については、後々訴訟になる可能性も考えて、証拠となる資料を準備しながら進めるなど、自身で身を守る必要がありそうです。

税務調査対策ノウハウを無料で公開中!

元国税調査官・税法研究者 松嶋洋による税務調査対策に効果的なノウハウをまとめたPDFを無料で公開中!ご興味のある方は下記サイトよりダウンロードください。

ダウンロードページを見る

元国税調査官・税法研究者 松嶋洋とは?

元国税調査官・税理士・松嶋洋

元国税調査官・税法研究者・税理士
松嶋 洋

平成14年東京大学卒業後、国民生活金融公庫(現日本政策金融公庫)、東京国税局、企業税制研究所(現日本税制研究所)を経て、平成23年9月に独立。

現在は通常の顧問業務の他、税務調査対策等のコンサルティング並びにセミナー及び執筆も主な業務として活動。とりわけ、平成10年以後の法人税制抜本改革を担当した元主税局課長補佐に師事した法令解釈をフル回転させるとともに、当局の経験を活かして予測される実務対応まで踏み込んで解説した、税制改正解説テキスト「超速」シリーズは毎年数百名の税理士が購入し、非常に高い支持を得ている。

著書に『最新リース税制』(共著)、『国際的二重課税排除の制度と実務』(共著)、『税務署の裏側』『社長、その領収書は経費で落とせます!』などがあり、現在納税通信において「税務調査の真実と調査官の本音」という200回を超えるコラムを連載中。

<参考サイト>

<著書>

(著者:大津留ぐみ / 大津留ぐみの記事一覧

この記事の著者

→記事一覧

【大津留ぐみ:公認会計士・税理士/会計士・税理士専門ライター】 大学在学時にシェイクスピアを学んだことをきっかけに劇作家を目指すも挫折。編集プロダクションで編集やライティング業務に従事した後、公認会計士試験にチャレンジし合格。大手監査法人の東京事務所にて監査業務、財務デューデリジェンスなどに従事。 その後、フリーランスの公認会計士として非常勤監査、税理士法人の社員税理士として税務業務に従事しつつ、大津留ぐみのペンネームでライターとしての執筆活動にも従事。ライターとして、お金、社会保障、会計、税務などに関する記事を執筆。また、2児の母となったことをきっかけに、子どもの貧困や教育格差、子どものイジメに関する記事なども執筆。現在は、株式会社ワイズアライアンスの専属ライターとして会計・税務の記事を執筆しつつ、会計事務所にて内部統制業務にも従事するパラレルワーカー。公認会計士・税理士。

会計事務所名鑑について

”会計事務所名鑑”は会計事務所や税理士業界を専門とした業界ニュースを配信するWEBメディアです。会計事務所・税理士法人、そこで働く方々に向けた業界情報や研修・セミナー・イベント情報、税理士試験情報などを掲載しています。
記事の更新情報は

会計事務所名鑑をフォロー
会計事務所名鑑 RSS
follow us in feedly
のいずれかにて受け取ることができます。

  1. 元国税調査官が税務調査対策すべてお話しします_元国税調査官・税理士_松嶋洋

    「法人税率引上げを政策減税で相殺する」に騙されてはいけない:元…

    2024.06.25

  2. 弥生会計_ロゴ_2020_3月調整_thumb

    弥生、「Customer Voice Leaders 2024」を受賞【PR】

    2024.06.24

  3. freee_新ロゴ_2021.6_new

    freeeと岩手銀行が地域のデジタルトランスフォーメーションに向けて…

    2024.06.24

  4. YKプランニング_bixid_ビサイド_logo_ロゴ_thumbnail

    予算管理ツール「bixid(ビサイド)」のスタンダードプランがリリー…

    2024.06.24

  5. 元国税調査官が税務調査対策すべてお話しします_元国税調査官・税理士_松嶋洋

    みずほ事件が示す裁判所の限界:元国税調査官・税理士 松嶋洋が語る…

    2024.06.20

  6. YKプランニング_bixid_ビサイド_logo_ロゴ_thumbnail

    【業務改善を検討中の方必見!】「bixid×freee会計で実現する業務の…

    2024.06.19

  7. bixidで顧問先の経営管理支援

    あなたの会社は大丈夫?bixidで会社の健康診断:bixidで顧問先の経…

    2024.06.19

税理士専門の転職サポート

税理士・科目合格者のための転職サポート

スポンサー企業

会計事務所名鑑は以下のスポンサー様にサポート頂いております。

弥生会計



会計事務所の強みになるクラウド会計freee



営支援クラウド「bixid」

⇒スポンサー企業一覧

⇒スポンサープランについて

会計事務所の転職なら_フローティングバナー