相続時の2割特例適用の可否、相続時精算課税制度改正、役員報酬算出の妥当性など3件:元国税調査官・税法研究者 松嶋洋が語る 税法解釈と税務調査の真実

元国税調査官・税法研究者 松嶋洋が語る_税法解釈と税務調査の真実

このコーナーでは、元国税調査官・税法研究者・税理士である松嶋洋氏のFacebookでのコメントをご紹介していきます。

今回は202343日、8日、10日のコメント

  • 相続時の2割特例適用の可否
  • 相続時精算課税制度改正
  • 役員報酬算出の妥当性

3件をご紹介します。

相続時の2割特例適用の可否

インボイス制度の施行が令和510月に迫る中、会計事務所のみなさんは、例年を上回る忙しさで繁忙期を迎えているのではないでしょうか。そんな中、特例制度が出るようです。

週刊税務通信No.37462023.03.27号)では、インボイス登録後の相続については、事業者の納税額を、売上税額の2割とする措置(2割特例)が認められる見込みだと伝えられています。

これに対してFacebookで、松嶋先生は、「この特例制度はケアレスミスが起きやすそうなので、事後修正可能な仕組みのほうがありがたい」と制度の煩雑さを指摘しています。

2割特例を受けるためには、インボイス発行事業者として課税事業者に登録後に相続する必要があるということなので、相続人に対して忘れずにアドバイスをする必要がありそうですね。

相続時精算課税制度改正

令和5年度税制改正で、相続時精算課税制度における110万円の基礎控除が創設される見込みです。

今回の週刊税務通信No.37472023.04.03号)では、相続時精算課税制度の基礎控除の創設で、110万円未満の範囲での贈与は、贈与税が課税されないことはもちろん、贈与税の申告も不要になると伝えられています。

これに対してFacebookで、松嶋先生は、「2,500万円の特別枠では申告が必要になるので間違えないように」と注意喚起されています。

相続税については、相続前贈与の加算期間の延長や(3年から7年に延長)、教育資金の一括贈与に係る贈与税の非課税措置の適用期限の延長など、改正項目が多く、相続税対策の見直しが必要になるかもしれません。

役員報酬算出の妥当性

業績が良ければ、それに連動して役員報酬が増額されることはありますが、今回は、売上総利益が前年並にも関わらず役員報酬が総額で8倍になっているということで、訴訟が提起されたようです。

週刊税務通信No.37472023.04.03号)では、23億円支給された役員報酬のうち19億円が過大と裁判所が判断した事例について伝えられています。

これに対してFacebookで、松嶋先生は、業績が上がった場合も類似法人とくらべて否認されることがあるので、交渉でなんとかしないといけないとコメントしています。

今回、国が行った更正処分と判決に対しては、妥当な結論と納得する方も多いのではないでしょうか。

税務調査対策ノウハウを無料で公開中!

元国税調査官・税法研究者 松嶋洋による税務調査対策に効果的なノウハウをまとめたPDFを無料で公開中!ご興味のある方は下記サイトよりダウンロードください。

税務調査対策ノウハウを見る

元国税調査官・税法研究者 松嶋洋とは?

元国税調査官・税理士・松嶋洋元国税調査官・税法研究者・税理士
松嶋 洋

平成14年東京大学卒業後、国民生活金融公庫(現日本政策金融公庫)、東京国税局、企業税制研究所(現日本税制研究所)を経て、平成23年9月に独立。

現在は通常の顧問業務の他、税務調査対策等のコンサルティング並びにセミナー及び執筆も主な業務として活動。とりわけ、平成10年以後の法人税制抜本改革を担当した元主税局課長補佐に師事した法令解釈をフル回転させるとともに、当局の経験を活かして予測される実務対応まで踏み込んで解説した、税制改正解説テキスト「超速」シリーズは毎年数百名の税理士が購入し、非常に高い支持を得ている。

著書に『最新リース税制』(共著)、『国際的二重課税排除の制度と実務』(共著)、『税務署の裏側』『社長、その領収書は経費で落とせます!』などがあり、現在納税通信において「税務調査の真実と調査官の本音」という200回を超えるコラムを連載中。

参考サイト

著書

(著者:大津留ぐみ / 大津留ぐみの記事一覧

この記事の著者

→記事一覧

【大津留ぐみ:公認会計士・税理士/会計士・税理士専門ライター】 大学在学時にシェイクスピアを学んだことをきっかけに劇作家を目指すも挫折。編集プロダクションで編集やライティング業務に従事した後、公認会計士試験にチャレンジし合格。大手監査法人の東京事務所にて監査業務、財務デューデリジェンスなどに従事。 その後、フリーランスの公認会計士として非常勤監査、税理士法人の社員税理士として税務業務に従事しつつ、大津留ぐみのペンネームでライターとしての執筆活動にも従事。ライターとして、お金、社会保障、会計、税務などに関する記事を執筆。また、2児の母となったことをきっかけに、子どもの貧困や教育格差、子どものイジメに関する記事なども執筆。現在は、株式会社ワイズアライアンスの専属ライターとして会計・税務の記事を執筆しつつ、会計事務所にて内部統制業務にも従事するパラレルワーカー。公認会計士・税理士。

会計事務所名鑑について

”会計事務所名鑑”は会計事務所や税理士業界を専門とした業界ニュースを配信するWEBメディアです。会計事務所・税理士法人、そこで働く方々に向けた業界情報や研修・セミナー・イベント情報、税理士試験情報などを掲載しています。
記事の更新情報は

会計事務所名鑑をフォロー
会計事務所名鑑 RSS
follow us in feedly
のいずれかにて受け取ることができます。

  1. YKプランニング_bixid_ビサイド_logo_ロゴ_thumbnail

    【会計ソフト利用状況調査2024年】経営支援クラウドbixid(ビサイド…

    2024.07.18

  2. 元国税調査官が税務調査対策すべてお話しします_元国税調査官・税理士_松嶋洋

    鑑定評価での按分が認められた事例がある:元国税調査官・税理士 松…

    2024.07.18

  3. bixidで顧問先の経営管理支援

    運用をラクにする! bixidでKPI管理:bixidで顧問先の経営管理支援…

    2024.07.17

  4. 元国税調査官が税務調査対策すべてお話しします_元国税調査官・税理士_松嶋洋

    キャバクラキャストはやはり給与としか言いようがない:元国税調査…

    2024.07.16

  5. 令和6年度・第74回 税理士試験 受験申込者数発表_2024

    税理士受験者は既に増加トレンド!税理士試験の受験申込者数が発表…

    2024.07.16

  6. マネーフォワード クラウド公認メンバーってどんな制度?独立会計士にとってお得なその特徴やメリットを調べてみた!【PR】_サムネイル

    マネーフォワード クラウド公認メンバーってどんな制度?開業税理士…

    2024.07.15

  7. YKプランニング_bixid_ビサイド_logo_ロゴ_thumbnail

    【バックオフィスの未来を切り開く】奉行DIGITALIZE 2024 in 名古屋…

    2024.07.10

税理士専門の転職サポート

税理士・科目合格者のための転職サポート

スポンサー企業

会計事務所名鑑は以下のスポンサー様にサポート頂いております。

弥生会計



会計事務所の強みになるクラウド会計freee



営支援クラウド「bixid」

⇒スポンサー企業一覧

⇒スポンサープランについて

会計事務所の転職なら_フローティングバナー