最も合格しやすい5科目はこれだ!税理士試験科目の合格率を分析してみた:税理士試験分析(2)

前回の記事⇒税理士を目指す人が9,000名も減っている!?税理士試験の受験者数や合格者数を分析してみた:税理士試験分析(1)

前回の記事では、税理士試験の合格者数や合格率を分析しましたが、今回は、税理士試験科目の合格率について分析してみようと思います。

11科目ある税理士試験科目ですが、一般的には法人税法や所得税法の難易度が高く、その次の難関科目としては消費税法や相続税法、逆に、簡単な科目としては酒税法、住民税法、固定資産税法などが挙げられます。

とは言え、ネットで検索してみてもこの辺りの難易度は人によって異なるようです。実際、税理士試験科目の難易度はそれぞれどうなっているのでしょうか?

今回、平成21年から平成25年までの5年間の試験結果をもとに合格率の平均を算出し、分析してみました。

税理士試験科目の合格率ランキングはこれだ!

過去5年間の税理士試験における各科目の合格者総数を総受験者数で割って算出した合格率は下記になります。

税理士試験科目の合格率ランキング

 

合格率:高い(簡単/合格しやすい)

1位:財務諸表論 …16.00%

2位:住民税…15.60%

3位:事業税…13.68%

4位:所得税法…13.67%

5位:相続税法…12.63%

6位:国税徴収法…12.32%

7位:消費税法…12.20%

8位:法人税法…12.07%

9位:簿記論…11.82%

10位:酒税法…11.57%

11位:固定資産税…11.23%

合格率:低い(難しい/合格しにくい)

 

全体で見ると、財務諸表論と住民税が突出して合格しやすく、簿記論、酒税法、固定資産税が難関となっています。

また、5年間の合格者総数(39,336名)を総受験者数(300,641名)で割ると全体の平均は13.08%となり、4位の所得税法と5位の相続税法の間に位置することとなります。

上記のランキングに平均を当てはめると下記になります。

 

1位:財務諸表論 …16.00%

2位:住民税…15.60%

3位:事業税…13.68%

4位:所得税法…13.67%

平均:13.08%→

5位:相続税法…12.63%

6位:国税徴収法…12.32%

7位:消費税法…12.20%

8位:法人税法…12.07%

9位:簿記論…11.82%

10位:酒税法…11.57%

11位:固定資産税…11.23%

平均が4位と5位の間に位置していますので、税理士試験の中では、財務諸表論、住民税、事業税、所得税法の4科目が平均より簡単な部類に入るのがわかります。

また、受験者や取得者の多い簿記論ですが、以外にも難関科目の法人税法よりも合格率が低いこともわかります。

合格率から見た「最も受かりやすい5科目」はこれだ!

では、各科目の合格率だけで選ぶと最も受かりやすい5科目はどれになるでしょうか?

合格率から最も受かりやすい税理士試験科目を選択すると、以下の5科目になります。

最も受かりやすい税理士試験科目(5科目)

 

合格率:高い(簡単/合格しやすい)

1位:財務諸表論 …16.00% ←必須科目のため選択

2位:住民税…15.60%

3位:事業税…13.68% ←住民税と事業税いずれかのみ選択のため選択できない

4位:所得税法…13.67% ←法人税法と所得税法のいずれかの選択必須

5位:相続税法…12.63%

6位:国税徴収法…12.32%

7位:消費税法…12.20%

8位:法人税法…12.07%

9位:簿記論…11.82% ←必須科目のため選択

10位:酒税法…11.57%

11位:固定資産税…11.23%

合格率:低い(難しい/合格しにくい)

 

つまり、最も合格可能性が高くなる5科目は

簿記論、財務諸表論、所得税法、相続税法、住民税

の組み合わせとなります。

なんだか個人の税務が得意な(法人税務が苦手な)税理士になりそうですね。。。(笑)

 

さて、それはさておき、税理士試験は各科目によって、理論と計算の比率、暗記しなければならない理論のボリュームなどが大きく異なります。そのため、各人によって科目ごとの向き不向きがあり、必ずしも今回挙げたように合格率の高い科目を選べば良いわけではありません。

とは言え、どの科目を選択するかはみなさんが頭を悩ませる部分でもあり、この選択によって合格できる時期や可能性が大きく変わってしまうのも事実です。

科目選択に悩んだ場合は今回のような数字面からアプローチしてみるのもひとつの方法かもしれません。

この記事の著者

→記事一覧

【手塚佳彦/株式会社ワイズアライアンス代表取締役CEO】 神戸大学卒業後、会計・税務・ファイナンス分野に特化した転職エージェントにて約10年勤務。東京、大阪、名古屋の3拠点にて人材紹介・転職支援、支社起ち上げ、事業企画等に従事。その後、グローバルネットワークに加盟するアドバイザリーファームにてWEB事業開発、採用・人材戦略を担当するなど、会計・税務・ファイナンス業界に精通。また、株式会社MisocaのアドバイザーとしてMisoca経営陣を創業期から支え、弥生へのEXITを支援するなどスタートアップ業界にも造詣が深い。 2013年10月、株式会社ワイズアライアンス設立、代表取締役CEO(Chief Executive Officer)就任、会計事務所名鑑編集長。

会計事務所名鑑について

”会計事務所名鑑”は会計事務所や税理士業界を専門とした業界ニュースを配信するWEBメディアです。会計事務所・税理士法人、そこで働く方々に向けた業界情報や研修・セミナー・イベント情報、税理士試験情報などを掲載しています。
記事の更新情報は

会計事務所名鑑をフォロー
会計事務所名鑑 RSS
follow us in feedly
のいずれかにて受け取ることができます。

  1. 元国税調査官が税務調査対策すべてお話しします_元国税調査官・税理士_松嶋洋

    「法人税率引上げを政策減税で相殺する」に騙されてはいけない:元…

    2024.06.25

  2. 弥生会計_ロゴ_2020_3月調整_thumb

    弥生、「Customer Voice Leaders 2024」を受賞【PR】

    2024.06.24

  3. freee_新ロゴ_2021.6_new

    freeeと岩手銀行が地域のデジタルトランスフォーメーションに向けて…

    2024.06.24

  4. YKプランニング_bixid_ビサイド_logo_ロゴ_thumbnail

    予算管理ツール「bixid(ビサイド)」のスタンダードプランがリリー…

    2024.06.24

  5. 元国税調査官が税務調査対策すべてお話しします_元国税調査官・税理士_松嶋洋

    みずほ事件が示す裁判所の限界:元国税調査官・税理士 松嶋洋が語る…

    2024.06.20

  6. YKプランニング_bixid_ビサイド_logo_ロゴ_thumbnail

    【業務改善を検討中の方必見!】「bixid×freee会計で実現する業務の…

    2024.06.19

  7. bixidで顧問先の経営管理支援

    あなたの会社は大丈夫?bixidで会社の健康診断:bixidで顧問先の経…

    2024.06.19

税理士専門の転職サポート

税理士・科目合格者のための転職サポート

スポンサー企業

会計事務所名鑑は以下のスポンサー様にサポート頂いております。

弥生会計



会計事務所の強みになるクラウド会計freee



営支援クラウド「bixid」

⇒スポンサー企業一覧

⇒スポンサープランについて

会計事務所の転職なら_フローティングバナー