税理士試験科目はどの順番で取得するのが効果的ですか?

税理士試験科目は数と質(難易度)を意識しながら取得していくことが重要です。

税理士試験科目をどの順番で取得するかは悩ましい問題ではありますが、税理士試験科目には下記のふたつの特徴があります。

 

  1. 取得科目数が多いほど評価される。
  2. 難易度の高い科目ほど評価される。

 

この2点、そして、「あなたの目指すキャリア」を踏まえて、税理士試験科目の取得順序を決めていく必要があります。

 

一般的には、最初に「簿記論」と「財務諸表論」を取得し、その後は、合格が狙いやすく、かつ、評価されやすい科目を取得するのが効果的です。

 

まず取得科目数を増やす第一歩として、会計科目である「簿記論」と「財務諸表論」を取得することから始めると良いでしょう。これらの科目は税理士試験において必須取得科目であるだけでなく、会計事務所業界に就職をする上でも合格が前提になっていることも多く、かつ、難易度もそれほど高くはないので、早い段階でクリアしておくべき科目です。

 

次に、税法科目を取得していく上で、2の取得難易度を意識していくことが必要となります。

この評価の高い税理士試験科目の代表としては「法人税法」が挙げられますが、法人税法は実務での使用頻度の高い科目であり、ほとんどの会計事務所で高く評価されます。また、相続税や資産税に強い会計事務所への就職や転職では「相続税法」の取得が必須であるケースも多く見受けられます。これらの科目は評価が高く、特に法人税は必須取得科目のひとつでもあるため、3科目には希望進路に応じて「法人税法」か「相続税法」のいずれかの取得するとよいでしょう。

しかしながら、「法人税法」や「相続税法」は合格難易度が高めの科目でもあるため、これらの科目に注力して不合格だった場合に、合格科目が増えず評価も高まらないというリスクもあります。そのため、そのリスクを減らすために、次に評価の高い「消費税法」や「所得税法」、または、まずは難易度が低めのその他の科目と「法人税法か相続税法」を並行して取得を目指すのが良いと言えます。

会計事務所求人名鑑について

”会計事務所求人名鑑”は税理士や税理士試験の科目合格者、税務スタッフなど会計事務所で働く人のためのWEB求人メディアです。
会計事務所の求人情報やニュースを中心に更新していきます。
求人や記事の更新情報は

会計事務所求人名鑑をフォロー
会計事務所求人名鑑 RSS
follow us in feedly
のいずれかにて受け取ることができます。

【PR】
会計事務所求人名鑑は

税理士試験ブログランキングに参加中です。

  1. 元国税調査官・税理士 松嶋洋が語る_税務署の実態と税務対策ノウハウ

    「裏金を作っていた」という話題:元国税調査官・税理士 松嶋洋が語…

    2019.09.20

  2. 元国税調査官・税理士 松嶋洋が語る_税務署の実態と税務対策ノウハウ

    印紙税の「請負」と弁護士:元国税調査官・税理士 松嶋洋が語る!税…

    2019.09.17

  3. 元国税調査官・税理士 松嶋洋が語る_税務署の実態と税務対策ノウハウ

    退職の意義:元国税調査官・税理士 松嶋洋が語る!税務署の実態と税…

    2019.09.14

  4. クラウド会計ソフトfreee_ロゴ_new_thumb

    freee、起業に関するアンケート調査を実施 人生100年時代にシニア起…

    2019.09.12

  5. クラウド会計ソフトfreee_ロゴ_new_thumb

    freee、きらぼし銀行並びにきらぼしコンサルティングと中小企業の生…

    2019.09.11

  6. 元国税調査官・税理士 松嶋洋が語る_税務署の実態と税務対策ノウハウ

    貸倒損失は形式的要件に厳しい:元国税調査官・税理士 松嶋洋が語る…

    2019.09.11

  7. 元国税調査官・税理士 松嶋洋が語る_税務署の実態と税務対策ノウハウ

    調査通知は延期できる:元国税調査官・税理士 松嶋洋が語る!税務署…

    2019.09.08

税理士専門の転職サポート

税理士・科目合格者のための転職サポート

スポンサー企業

会計事務所求人名鑑は以下のスポンサー様にサポート頂いております。

弥生会計

無料で使える請求書・見積書管理サービスmisoca

全自動の会計クラウドフリー お申し込みはこちら!

⇒スポンサー企業一覧

⇒スポンサープランについて

会計事務所のスタッフ教育に!【PR】

会計事務所従業員の育成・研修にクラウド・Eラーニング